第15回 (2020年度) 九州『森田療法セミナー』受講者募集のお知らせ

日本生物学的精神医学会の皆様

九州森田療法セミナー事務局より九州森田療法セミナーにつきましてお知らせ申し上げます。

 森田療法は、1920年前後に我が国で創始された独創的な精神療法であり、東洋的な人間観や自然観に根ざしている点もさることながら、20世紀後半に欧米で発展してくる認知行動療法の技法や理論を先取りしている点でも、近年、改めて注目を集めるようになっています。もともとは入院治療を原則としていましたが、現在は、外来治療が主流であり、日本森田療法学会は、外来森田療法のガイドライン(2009)を発表しています。その適応も、不安症、うつ病から摂食障害、心身症に至るまで様々な病態に拡大し、メンタルヘルスや医療のみならず、教育や福祉の領域まで多彩な応用が試みられるようになっています。本セミナーは、こうした現代の森田療法の理論と技法について系統的に学んでいただき、受講される方々がたずさわる様々な臨床現場において活用していただくことを目的としています。
 第15回九州『森田療法セミナー』は、九州地区にお住いの方々を対象とした森田療法の入門編です。医療や福祉、教育に従事しながら、森田療法を知りたい、森田療法を応用したいと考えておられる方には、必ず得られるものが大きいセミナーであると自負しております。なお、本セミナーは、日本森田療法学会で正式に認定されており、セミナーへの参加は、日本森田療法学会認定医および認定心理療法士、認定指導員の認定資格申請と更新の条件のひとつを満たします。

<受講対象者>
メンタルヘルスに関心のある、医師、臨床心理士、看護師、社会福祉士、介護福祉士、養護教諭、その他の教育関係者。

< 期日と日時 >
2020年5月から7月の土曜日、日曜日(全12講義):午後2時から6時(1日2講義);
5月16日、5月23日、5月24日、6月6日、6月27日、7月4日、7月11日の6日間
※日程が変更になりました

< 会場 >
 九州大学病院ウエストウイング(精神科神経科カンファレンス室) 
 〒812−8582 福岡市東区馬出3丁目1-1  TEL 092−642−5627

<受講料>
 医師  5万円(全12講義)、2万8千円(6講義のみ)
 メンタルヘルス従事者 3万円(全12講義)、1万8千円(6講義のみ)

A.研修内容
1. 森田療法とは何か(その起源と発展)
2. 森田療法と親子関係
3. 森田療法と内観療法との比較
4. 森田療法の理論的基礎と認知行動療法との比較
5. 森田療法の展開(緩和ケアへの応用)
6. 治療技法論 (外来森田療法の原則)
7. 治療技法論 (日記指導とカウンセリング)
8. 治療技法論Ⅰ(外来での治療の実際1;強迫性)
9. 治療技法論Ⅱ(外来での治療の実際2;パニック障害、うつ病)
10. 治療技法論Ⅲ(外来での治療の実際3;対人恐怖症)
11. 治療技法論Ⅳ(外来での治療の実際4;心気症、心身症)
12. 治療技法論Ⅴ(外来での治療の実際5:思春期青年期症例)

B.講師(予定者):
 内村 英幸 (福岡心身クリニック)
 梅野 一男 (見立病院)
 久保田 幹子(法政大学)
 黒木 俊秀 (九州大学)
 村山 桂太郎(九州大学)
 岩木 久満子(顕メンタルクリニック)
 松浦 隆信 (日本大学)
 森山 成 (通谷メンタルクリニック)
 山下  洋  (九州大学病院)
 川嵜 弘詔 (福岡大学)
 竹田 康彦 (福岡心身クリニック)

<セミナーの運営>
 森田療法研究会(九州)が主催しています。

 幹事
 黒木俊秀(九州大学)
 田代信維(九州大学名誉教授)
 内村英幸(肥前精神医療センター名誉院長、福岡心身クリニック名誉院長)
 森山成(通谷メンタルクリニック院長)
 
 事務局
 山下 洋(九州大学)

< 問い合わせ先 > (受講申込書を送ります)
〒812−8582 福岡市東区馬出3丁目1番1号
九州大学大学院医学研究院 精神病態医学
九州森田療法セミナー事務局 代表 黒木俊秀
TEL(092)642−5627(精神科医局)
以上